トップ / 遺族の会の組織



   
井手 渉 会長
      千葉県在住 開業医師(耳鼻咽喉科)
      平成3年 全国交通事故遺族の会の創設者
 総会(最高決定機関)


遺族の会の最高決定機関は、定款に定めるように「定期総
会」です。通常は、毎年5月中旬に、東京で開催されます。
議案の承認には出席者の過半数が、定款の改定には2/3
が必要とされます。




 本 部

通常は15名程度の「理事会」を政策決定・執行機関にして
おり、この機関を「本部」と称しています。
本部は東京事務所においています。
毎月1回開催される理事会には、井手会長のほか意欲のあ
る人材が集まって、建設的な議論を戦わせています。




 拡大理事会

理事会のメンバーはどうしても関東圏に偏るため、毎年1回
、地方連絡所の責任者、各地1〜2名が参加しての「拡大
理事会」を開催し、とくに地方の問題などを中心に話し合っ
ています。




 地方連絡所

東京まではなかなか行けない。どうしても身近な人と話がし
たい。そんな問題を解決するために、遺族の会には地方連
絡所を設けています。
地方といっても、定義はなく、東北地方全域のように広い地
域もあれば、ひとつの県だけという所もあります。
互選でリーダーを選び、本部との連絡や、地方色あるミニ集
会などを実行しています。


   東北地区   (青森県・秋田県・岩手県・                 
              山形県・宮城県・福島県)
   北陸地区   (富山県・石川県・福井県)
   茨城県     (茨城県)
   埼玉県     (埼玉県)
   新潟県     (新潟県)
   静岡県     (静岡県)
   東海地区   (愛知県・岐阜県)
   三重県     (三重県)
   関西地区   (大阪府・京都府・奈良県・
              和歌山県・滋賀県・兵庫県
              福井県・岡山県)
   四国地区    (高知県)
   山口県     (山口県)
   北九州地区  (福岡県・大分県・佐賀県・
              熊本県北部)
   宮崎県     宮崎県
   鹿児島県   (熊本県・鹿児島県)

              

 定款ワーキング

遺族の会の法制委員会です。実状に見合った定款・規則
を維持するため、必要に応じて招集されます。
理事と一般会員が半々くらい、6名前後のメンバーで審議
されています。

 KIKニュース編集会議

隔月に発行されている会の機関誌「KIKニュース」の編集
会議です。会の主な活動や行事の報告が中心ですが、地
方の会員の活動なども紹介されます。
ニュースの選択や取り扱いの軽重など、会員のニーズに合
った情報を的確に伝えるための、大切な会議です。




 会員資格審査委員会

会員の新陳代謝がスムーズに、また合理的に行くよう、会員
の動向を正確に把握して、的確な会員動態を維持していま
す。
理事を中心にしたメンバーで、毎年一度招集され、集中的
な審議を行っています。



トップ / 遺族の会の組織