全国交通事故遺族の会
トップ / 臨時ニュース


このページは、遺族のための最新・重大ニュースを掲示しています
アンダーラインの文字をクリックすると、ニュースページに移動します

更 新 日
内  容
 06/03/17
20キロでも危険運転致死傷罪 最高裁判決

時速20キロでも危険運転致死傷罪が成立するとの画期
的な判決が最高裁で下されました。
この事件は平成15年11月に起きたもので、時速20
キロで赤信号の交差点に侵入した加害者に危険運転致死
傷罪が適用された画期的なものです。
yahoo ニュースをpdfにしたもの
 05/05/24
無くならない飲酒事故

5月22日の早朝、宮城県多賀城市の国道で、飲酒のあ
げく、赤信号を無視したRV車が、仙台育英高校のウオ
ークラリーの列に突っ込むという大惨事を引き起こしま
した。
この事故で、15歳の生徒3人の命が奪われるとともに
、20人以上が負傷しました。
これにふれた、朝日新聞のコラム「天声人語」です。
 05/04/13
春の交通安全運動

春の交通安全運動が始まりました。今年の運動では、日
本が先進国のなかでも、もっとも劣っているという「交
通弱者」と言われる、老人や子供の歩行者を守ることに
重点がおかれています。
これに関する、朝日新聞のコラムです。

※4月13日、朝日新聞「天声人語」より
 05/02/16
堂本千葉県知事に、厳罰化を陳情

千葉県の松尾町で8人が死傷したひき逃げ事件がありま
した。
会では事故防止WGが中心となって、15日千葉県の堂
本暁子知事に、ひき逃げ事件について危険運転致死傷罪
を適用するなど、厳罰化を国に働きかけるよう求める要
望書を提出しました。

 ※当日の動きを伝える新聞各社の記事はこちら
 ※危険運転罪を適用した、2月24日のニュース
 05/02/07
千葉県の悪質運転事故 飲酒・ひき逃げ 

2月5日午後9時20分ごろ、千葉県松尾町で、中学校
の同窓会に参加した男女8人が、飲酒・スピード違反の
建設作業員の車にはねられ、そのうちの4人が亡くなり
、4人が重軽傷を負うという悲惨な事故が起こりました
。加害者は事故現場から逃げ去り、飲酒の事実を隠そう
とした形跡があります。

 この事故を伝える読売新聞の報道
 ※この事故を取り上げた、朝日新聞の「天声人語」
 04/06/19
国土交通省で、車載監視カメラの実装試験が始まる
国会での決議を受けて、国土交通省では、車載監視カメラの普及に向けた実装テストを開始することを決めました。
テストは国土交通省の指名を受けた、トラック業界やタクシー業界の営業車に装着するもので、同省では、車載監視カメラの本格的普及に向けて動き始めました。
   詳しくは、こちらをごらんください


 04/06/11
車載監視カメラの普及を、国会が決議しました
車載監視カメラは、交通事故死者の大幅削減に貢献するとの理由
で、その普及が、本国会において議決されました。


 04/06/06
<供述調書>不起訴事件も開示「被害者に配慮」

この程法務省は、供述調書の開示について遺族や被害者
側の声が大きくなったことを考慮してこの方針を転換し
ました。毎日新聞の記事です。



トップ / 臨時ニュース