全国交通事故遺族の会
トップ / 活動休止

2014年9月30日
元会長 井手渉さんの近況







 全国交通事故遺族の会は、
2012年の12月末日をもって休会します    1991年(平成3年)3月、設立された全国交通事故遺族の会は、2012年(平 成24 年)12月末日をもって、21年間にわたる、すべての活動を休止します。 参加くださった会員、また会を支えてくださった皆さまに、この場を借りて、厚くお 礼を申し上げます。 休会に伴い、ニュースレターなどの出版物は発行されないため、会からの情報は一切 発信されません。 また事務所も閉鎖されるため、電話相談などの被害者支援は行うことが出来ません。 皆さまには、ご迷惑とご不自由をおかけしますが、何とぞご理解とご容赦をいただき ますよう、よろしくお願いいたします。 現在のところ、活動再開の目途はたっていませんが、将来遺族の会の精神を引き継ぎ 、被害者支援を行ってくれる後継者が出てきた場合、新しい指導者のもとで、再スタ ートが切られる可能性があります。 全国交通事故遺族の会」の名称は、商標登録されていますので、使用できません。
 ■ 休会に至る背景、および理由


  休会に至る背景、および理由については、こちらの資料をお読みください


  休会までの流れ

 ・2012年2月、次年度事業計画策定会議において、休会を理事会で議決

 ・2月中旬より、WG・小委員会および、地方連絡所責任者などに事前説明を実施。

 ・2月中、閉会準備委員会( CP会議 )の立ち上げ

 ・3月中旬に臨時KIKニュースを発刊、閉会方針を全会員に説明。

 ・4月中旬、定期総会案内・議決委任状の送付

 ・5月20日、定期総会にて閉会の議決、外部に公表

 ・11月23日、お別れ懇親会

 ・12月15日、事務所閉鎖

2012/12/14
  休会を報じるニュース

  
  ◆ 東京新聞・産経新聞・読売新聞の5月総会時のニュース

  ◆ 毎日新聞の11月20日のニュース

  ◆ 11月23日、休会懇親会を伝えるテレビ朝日のニュースからの画像

 ■ お別れ懇親会


   11月23日(祝・金曜日)、東京千代田区のホテルグランドアークにおいて、遺族の会の 
   休会に伴う「お別れ懇親会」が開かれました。会員にとって、実質的に最後の集会という
   こともあり、全国から270人もの会員が参加しました。

   
広い会場も、会員の人いきれでいっぱい
会員を代表して仙台の工藤さんが挨拶
来賓の常盤大学学長の諸沢先生
愛用のハーモニカを吹く、井手会長
「花は咲く」を全員で唄う
会員のアーチをくぐり、会長夫妻の退席





トップ / 活動休止