トップ / 会の広報活動


出版物
 いのち

遺族の会の唯一の定期刊行物です。会員の投稿原稿を集積したもので、年1
回発行しています。会員には無償で配布されますが、一般の方には有償にな
ります。「いのち」は文字どおり、失われた命を偲ぶものです。
遺族は愛する家族への想いを切々とつづります。この悲しみを、世界中のすべ
ての人に聞かせたい。
それは、愛する家族を無断で奪っていった、交通事故へ強い怒りでもあります。





               記事の 紹介
  いおり〜最後の言葉(茨城県)野口 節子   想 い(神奈川県)田代 祥子

 KIK NEWS

遺族の会会員向けのニュースレターです。隔月に発行されますが、臨時号も
出されます。
名前のとおり、「KIK NEWS」は、ホットなニュースを扱っています。
行事などの案内と報告、さまざまな連絡事項が中心になります。そのほか、新
聞などに掲載された、交通事故関係のニュースなども転載されます。
「KIK NEWS」は遺族の会のホットラインです。



 突然の交通事故(リーフレット)

外部宣伝用に作られた3枚折りのリーフレットです。街頭でのアピールや、講演
会場などで配布します。
内容は、遺族の会の簡単な紹介と、活動がまとめられています。



 遺された親たち(佐藤光房著)

会員である元朝日新聞記者の佐藤光房先生は、交通事故で娘さんを失って以
来、子供亡くした親の悲しみを追跡して、「遺された親たち」というシリーズを出
版されました。会の刊行物ではありませんが、もっとも身近な出版物です。
この中には、多くの会員も登場し、遺族の会のバイブル的扱いになっています。
遺族の会では、「遺された親たち」を全国の図書館に寄付し続けました。
この本に巡り会うことによって入会された会員も少なからずいます。
現在は廃刊




メーリングリスト

 KIK2メール

通称で「KIK2メール」と呼ばれている、会員限定のメーリングリストです。現在
約130名の会員が登録して、年間2000通ほどのメールが飛び交っています。
連絡事項がもっとも多く、会員の情報共有に貢献しています。また、裁判などで
係争中の人から、アドバイスを求めるケースも多く、先輩会員から丁寧な助言
が与えられています。
亡くした家族への想いをうち明ける場にもなっています。参加は無料です。




トップ / 会の広報活動