トップ / 最近のできごと / Back Number


Back number

2004年版

 東京事務所の大掃除 04/12/25  


世間がジングルベルに浮かれる12月25日、ボラン
ティア有志による東京事務所の大掃除が行われました。
遠く静岡県からわざわざ参加くださった会員もいて、総
勢13名で、一年の垢を落としました。
そのあと、持ち寄った手料理などで、にぎやかな食事会
が開かれ、来年の再会を誓い合いました。



 生命のメッセージ展「in早稲田」 04/12/12  


生命のメッセージ展「in早稲田」が12月7日〜1
2日、早稲田大学大隈講堂で開かれました。
「忘れない 生きていること 生きられなかったこと
」をスローガンに今回、初めて遺族ではなく、学生が
主催のメッセージ展でした。
50人近い学生のスタッフが半年間かけて遺族と直接
、語り合って、生きていることの意義、生命の大切さ
などについて考え、準備してきたものでした。
たくさんの若者が来場し、真剣に見入っていました。
全国交通事故遺族野会の会員の多数の遺族がこのメッ
セージ展に参加しています。



 警察庁と懇談会をもちました 04/12/02  


12月2日(木)警察庁交通局と交通事故問題に関す
る懇談会を開きました。警察庁からは、運転免許課課
長のほか、交通指導課と交通企画課からも責任者の方
々に出席いただきました。
当会からは井手会長ら5名の役員が参加しました。
交通事故概況のほか、道交法の改正点、高齢者免許や
ひき逃げの厳罰化などについて、率直な話し合いを行
いました。



 秋の全国大会が、東京で開かれました 04/10/17  


10月17日、東京中央区の東京エアシティーターミナル(
TCAT)会議室で全国交通事故遺族の会、秋の全国大会が
で開かれました。
全国からおよそ140名の会員が集まって盛大な盛り上がり
を見せました。
午前中の目玉は二木雄策先生の講演会で、タイトルは「定期
払い損害賠償金」についてでした。
午後は8つのグループに分かれての分科会で、熱心な討議が
行われました。

 
会場にあふれる会員の熱気       民事裁判分科会

 拡大理事会が開かれました 04/07/11  


梅雨のさ中にもかかわらず、連日のように真夏日がつづく7
月11日(日)、在京理事会に、地方連絡所の責任者を交え
た「拡大理事会」が東京事務所で開かれました。
今回は、全国から7地区の代表者8人が集合して、昼食をご
一緒しながら、地方が抱えるさまざまな問題や、地方色豊か
な事業活動が報告しあいました。また総会で議決された方針
に従って、新たなテーマ役割分担が決まりました。



 危険運転致死傷罪の、見直しをもとめる陳情 04/07/07  


7月7日(水曜日)、法務省刑事局刑事課において、危険運
転致死傷罪の見直しを求める陳情を行いました。
当日は、井手会長の他、片瀬座長、および戸川・三苫理事が
、法務大臣宛の陳情(要望)書を刑事課長に託し、遺族の強
い願いを伝えました。
  ※ 陳情書原本・関連記事はこちらから



 国会で、車載監視カメラのデモンストレーション 


6月9日(水)午後1時から、超党派「交通事故問題を考え
る国会議員の会」が、第一衆議院会館第2会議室で開かれま
した。
テーマは、警察の捜査情報の早期開示について、法務省より
、開示に向けた方向転換の説明がありました。
もう一点は、車載監視カメラのデモンストレーションで、鑑
定家の大慈彌先生らの説明や、ユーザーを代表して、日本交
通や練馬タクシーからの搭載した感想や実績が陳べられまし
た。議員の関心度も高く、普及への大きなステップになった
実感があります。

参加された議員(敬称略)

 赤松副会長・井上(和雄)事務局長・細川律夫・水島広子 ・渡辺博道・首藤信彦・津川祥吾・中山泰秀・藤田幸久  ・柴山先生・八田ひろ子・滝 実・阿倍知子 他(順不定)
 脳死臓器移植問題で、テレビ東京が特集シリーズ放映 


PM5時からのテレビ東京(12ch)のニュース番組、そ
の毎週水曜日に、脳死臓器移植法の改正に焦点をあてた、
「アイ移植」という特集シリーズがあります。
6月2日(水)、第2回目「小児ドナー側の親の悲しみ」
で、当会会員で東京の戸川さんが出演しました。
その中で、家族が脳死になった体験と悲しみを語り、脳死
段階での移植など、絶対にあってはならないと力説しまし
た。「人の死を前提にした」脳死移植には、交通事故遺族
は、強い拒否感をもっています。


脳死移植の問題を鋭くつく戸川さん

 定期総会が開催されました  04/05/23  


5月23日(日)、東京都中央区の東京エアシティーター
ミナル(T-CAT)で、全国交通事故遺族の会03年度
定期総会が開かれました。会場には、およそ140名の参
加者が全国から詰めかけました。
定例事項である昨年年度の事業・会計報告と今年の事業計
画が、井手会長から提案され、承認されました。
事業では、今年はとくに「車載監視カメラの普及」に力を
入れていくことが決定しました。
このあと井手政子理事から、「脳死・臓器移植」法の改正
についての意見報告があり、また井上保孝・郁美さんから
、「私たちの民事訴訟」と題する講演がありました。
午後は8つのグループに分かれて、分科会活動を行いまし
た。

 

 交通事故撲滅、街頭宣伝活動を上野公園で 04/05/22 


5月22日(土)東京の上野公園で、事故防止を訴える街頭宣伝
活動を行いました。
これは総会に先立ち、事故防止WGが企画したもので、一般会員
を含めて、約30人が参加してくれました。
あいにく小雨交じりの寒い一日でしたが、道行く人に、自らの交
通安全と、事故防止への参加を呼びかけました。
今回のテーマは、危険運転致死傷罪の見直し要求、車載監視カメ
ラの普及、そして、運転免許証のICカード化の3点で、用意し
た2000枚のビラを配りました。



マイク持つ手に力がこもる、Hさん

 国会 臓器移植勉強会で、井手政子理事が講演   04/04/28  


4月28日(水)11:00〜12:40、衆議院会館第4会議
室において、第7回「臓器移植法改正を考える勉強会」が開催さ
れ、ドナーを代表して理事の井手政子さんが講演しました。
タイトルは「交通事故被害者は“ドナー予備軍”」で、ご自身の
体験を語りながら、脳死の定義や移植の是非について触れたもの
で、聴衆の涙を誘いながらも、シッカリと遺族の考え方を伝える
ものでした。

 
  挨拶する事務局の阿部とも子議員     講演する井手政子さん



 内閣府(交通安全対策)に車載監視カメラをPR  04/04/26  


井手会長および、戸川・三苫・片瀬理事の4人は、4月26日(
月)、内閣府に政策統括官(共生社会政策担当)付のM専門官、
I主査(交通安全対策担当)を車載監視カメラのPR普及のため
、訪問しました。
例によってビデオを用いて説明しましたが、担当者のあまりの無
関心さにはガッカリしました。
説明後の感想や質問など一切なく、普及へのご尽力などは論外と
見受けられました。
これが元総務庁の「交通安全対策室」の後継組織かと思うと、小
泉総理の「交通事故半減」公約も、かけ声だけに終わりそうです

 宮崎県の後藤さん一家、文部科学省に陳情   04/04/15  


宮崎県延岡市にお住まいの、後藤さん夫婦と二人の娘さんが上京さ
れ、民主党細川律夫衆議院議員の案内で、文科省に原田義昭副大臣
を訪ね、交通事故と学校教育の問題について陳情しました。

後藤さんのご子息の命を輪禍で奪ったのは、同県公立学校の教師で
した。
その教師の誠意の無さ、法廷での虚偽証言、それを庇う学校や県教
育委員会の体質など、命を大切さを教える教育者として相応しくな
いことを訴えました。
さらにこうした体制を管理する文科省の役割と指導について、改善
を求めました。

 
細川議員と陳情する後藤さん一家  集めた署名を原田副大臣に手渡す

 交通事故問題を考える国会議員の会、開かる  04/03/29 


4月7日(水)12:30〜13:30、衆議院会館第一会議室に
おいて、事故議連の総会が開かれました。
衆院選挙の結果、新たなメンバーの加入もあり、議連の総数は78
名にものぼります。
逢沢座長の挨拶の後、被害者団体からのヒヤリングということにな
り、井手会長の挨拶に続いて最近の遺族の会の活動について戸川副
会長が報告しました。
危険運転致死傷罪の見直し、車載監視カメラの普及と運転免許証の
ICカード化の3重点課題を要望しました。
車載監視カメラについては、殊の外メンバーの関心が深く、次回は
テーマの中心に据えて議連を開かれるとのことです。


大型プロジェクターを用いて、説明に熱がはいる


 斎藤るい子さん、追悼の街宣活動を上野公園で   04/03/29 


3月28日(日)、一月に亡くなった故斎藤るい子理事・事故防止
WG座長の追悼のため、彼女の意志を汲んで、事故防止を呼びかけ
た街頭宣伝活動を行いました。
場所はお花見で浮かれる上野公園。道行くたくさんの人たちに、遺
族の願いを訴えました。
参加者してくれた会員は25名、1000枚のチラシを用意しまし
たが、ものの30分で配りきってしまいました。


西郷隆盛の前で、労をねぎらう
 金融庁で、車載監視カメラの説明会を実施しました 04/03/03 


3月2日(火)15:00から金融庁監督局保険課で、車載監視カ
メラの説明会を実施しました。参加者は、井手会長・片瀬理事の他
、三苫・戸川理事の4名。
金融庁からは、藤本課長補佐など、自賠責審議会関係の担当者が出
席くださいました。
深い関心をもっていただき、たくさんの質問責めに合いました。

開会に先立ち、挨拶する井手会長
 遺族の会、三重伊勢志摩懇親旅行が開催 04/03/01 


全国交通事故遺族の会の三重伊勢志摩懇親旅行会が、2月28日(
土)〜29日(日)の2日間開催されました。
参加者は井手会長をはじめ32名で、地元の三重からもご接待をか
ねて3名の参加者がありました。
28日は宿泊先のホテルアルティア鳥羽に現地集合し、温泉でくつ
ろいだ後、懇親会では心ゆくまで思い出語りにふけりました。
翌29日は、三重県会員の案内で、伊勢神宮を散策し、おかげ横町
で、有名な手コネ寿司の昼食をいただきました。心の底から癒され
る旅でした。

  
      懇親会での美女と野獣      伊勢神宮内宮前で振り向いて

 車載監視カメラ搭載の普及を働きかけています 04/02/26


「車載監視カメラ」は、事故の真相を知りたいという遺族の願いを
かなえてくれます。
また運転者の安全意識を変えて、交通事故の減少に有効です。
遺族の会では、車載監視カメラの普及のため、各方面に働きかけて
います。
井手会長と片瀬理事は、2月24日は国土交通省自動車交通局保障
課の増井課長ほか課員の方に、また同日、衆議院に細川律夫議員と
井上和雄議員(交通事故問題を考える国会議員の会 事務局)を訪
問し、同装置の普及について、議連のテーマに加えてくださるよう
陳情しました。

   
国土交通省における説明会    井上和雄議員にプレゼンする片瀬理事

 井手会長、一年ぶりの自賠責懇談会に出席 04/02/25


2月24日、国土交通省特別会議室で、第13回「自賠責保険のあ
り方に係わる懇談会」が開かれ、委員である井手会長が出席されま
した。
自賠責法の改正後に新設された「紛争処理センター」の利用・活用
状況報告と、独立行政法人「自動車事故対策機構」の中期計画の発
表が主なテーマでした。
席上、井手会長は、被害者救済にさらなる取り組みを求めるなど、
力強い意見を陳べられました。

自賠責懇談会の会議風景
 「斎藤るい子理事」の若すぎる死を悼む 04/03/01


全国交通事故遺族の会会員で、理事の斎藤るい子さんが、1月28
日(水)午後9時52分東京の順天堂大学病院で亡くなりました。
斎藤さんは昨年4月に入院し、検査の結果「抗原病」と診断されま
した。以来、人工透析・成分輸血などの治療を受けて来ました。
昨年10月ころにはかなり回復しましたが、年末から再び症状が悪
化し、ついに帰らぬ人となってしまいました。
斎藤さんは、ご主人を交通事故で亡くされて入会。2期目の理事を
務めるかたわら、「事故防止ワーキング」の座長として、事故防止
に向けすぐれたリーダーシップを発揮されました。
また、伴侶を亡くした会員グループ「絆(きずな)」のサブリーダ
ーとしても活躍して来ました。
男勝りの気っ風のよさと明るい性格に、多くの人が勇気づけられま
した。遺族の会にとっても、斎藤さんの死は、かつて味わったこと
がない、大きなダメージです。
斎藤さんの葬儀は、ご主人と同じイトウピアマンション東大島集会
室で、1月31日しめやかに行われ、たくさんの会員が焼香に訪れ
、別れを惜しみました。



 「見つめよう いのち・心 多摩からのメッセージ」展に出展 04/02/25


1月23日(金)〜25日(日)パルテノン多摩ギャラリーにおい
て、「見つめよう いのち・心 多摩からのメッセージ」展が開か
れました。
全国交通事故遺族の会は、その中に専用ブースをいただいて、パネ
ルや出版物を展示して、交通事故被害者の救済運動への取り組みを
発表しました。
この展示会は、会員でもある多摩市の岩崎佑一さんと、交通死した
元紀くんの友人が企画したもので、他に様々な犯罪やアクシデント
で失われた被害者団体が参加して、失われた命の大切さを訴えたも
のです。約900人の見学者に、深い感銘を与えました。




トップ / 最近のできごと / Back Number