トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース

酒酔い 国道逆走し3台と衝突、元警官逮捕 三重
                            毎日新聞 2004年11月23日 15時06分
 三重県警津署は22日夜、元県警鈴鹿署員で鈴鹿市臨時職員の津市白塚町、浜口忠嗣
容疑者(62)を道交法違反(酒酔い運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 調べでは、浜口容疑者は22日午後8時25分ごろ、泥酔状態で乗用車を運転し、同
県河芸町東千里の町道のガードレールに衝突。
 近くで別の事故処理をしていた津署員が駆け付けたところ、歩けないほど泥酔状態だ
ったため、現行犯逮捕した。

 その後の調べで、浜口容疑者は現場から約800メートル離れた片側2車線の国道2
3号を逆走。
 対向車と正面衝突するなど、乗用車3台と相次いで衝突し、逃走中だったことが分か
った。けが人はなかった。

 浜口容疑者は、2年前に鈴鹿署刑事課係長を最後に定年退職し、鈴鹿市青少年課で少
年補導などを行っていた。【田中功一】

トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース