トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース

道路上のバイク競走初立件  危険な暴走と福岡県警
                            東京新聞 11/17
 福岡県警交通指導課は18日、深夜にバイクで「ゼロヨンレース」と呼ばれる公道上
のスピード競走をしたとして、今月1日に施行された改正道交法違反(共同危険行為)
の疑いで、福岡市東区の専門学校生の少年(19)ら3人を書類送検した。

 道交法は集団暴走について、危険を感じた被害者がいないと罰則の対象外だったが、
高速並走などの悪質性だけで立件できるよう改正。同課によると、ゼロヨンレースに共
同危険行為を適用したのは全国初という。

 調べによると、3人は7日午前1時半ごろ、福岡市東区箱崎ふ頭4丁目の香椎かもめ
大橋付近で、福岡県久山町の男性会社員(21)と少年が自分のバイクに乗り準備。
 別の1人がスタートの合図をしてバイクを急発進させ、時速100キロ以上で危険な
暴走行為をした疑い。

 少年らは、週末になると橋付近に集まりレースを繰り返していたバイク仲間。
 周囲には暴走をあおる2、30人の“観客”がいたという。

トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース