トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース

今年の交通事故死者 4000人超す 
                            産経新聞 07/30 12:29
 今年の交通事故死者が29日で4000人を超えたことが30日、警察庁のまとめで
分かった。
 死者が最も多かった昭和45年以降で最少だった昨年とほぼ同じペースだが、29日
までの7月の死者は昨年比7・8%(42人)増と大幅に増えている。

 1月1日から今月29日までの累計を都道府県別に昨年と比べると、27日に東海北
陸自動車道で7人が死亡する事故が発生した岐阜と、新潟の22人増加が目立つ。埼玉
は42人減少した。

 都道府県別の死者数は29日現在、最も多いのが北海道の203人。次いで愛知の1
92人、千葉の185人、東京の176人、大阪の175人の順。

 少ないのは鳥取の26人、長崎の28人、島根の29人、奈良の31人、山梨と沖縄
の35人の順だった。


トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース