トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース

車検切れで2000キロ走行 JR東海の高速バス
                            産経新聞 07/22 18:18
 JR東海バス(名古屋市)は22日、同社の高速バス1台が車検切れのまま5日間営業運
行していたと発表した。
 13日が車検期限だったが、14日から20日までに東名、中央両高速道路で東京−名古
屋間を2往復半していた。この間の走行距離は約2000キロに上った。

 バスは中津川支店(岐阜県中津川市)所属で、同社は中部運輸局と岐阜県警中津川署など
に報告。中部運輸局は同社を監査する方針で、中津川署も道路運送車両法違反の疑いで調べ
ている。

 同社によると、バスの検査計画表を3月に作成した際、係員がこのバスの車検期限を誤っ
て8月と記載したため、期限内に車検を受けず、今月21日の点検で車検切れが発覚した。
 ほかのバスに車検切れはないという。

 JR東海バスでは、2002年に酒気帯びの運転手が接触事故を起こし、昨年には運転手
の免許期限切れなども発覚。同社は「相次いだ不祥事を受け、法令順守に努めたが、単純な
ミスからこのような事態となり残念だ」としている。


トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース