トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース

自民県議が飲酒検査拒否、容疑で現行犯逮捕される 岐阜
                            朝日新聞 07/11 19:14
 飲酒運転かどうかを調べる検査を拒否したとして、岐阜中署は11日、岐阜県武芸川町谷
口、自民党県議井上一郎容疑者(44)を道路交通法違反(飲酒検知拒否)の疑いで現行犯
逮捕した。井上容疑者は、同党岐阜県連党紀委員会の副委員長。
 同県連は同日、井上容疑者を党から除名した。 

 調べでは、井上容疑者は同日午前1時半ごろ、岐阜市一番町のサウナ駐車場で、同署員が
行おうとした飲酒運転の呼気検査を拒んだ疑い。 

 井上容疑者は同市内の路上で、乗用車を急発進させたり、方向指示器と違う方向に交差点
を曲がったり、路肩に停車したりするなど、不自然な運転を繰り返していたため、パトロー
ル中の同署員が追跡。
 サウナ駐車場に入り停止したため、職務質問したところ、検査を拒否したという。 

 逮捕後の午前5時に検査に応じ、呼気から酒気帯び運転に当たる1リットル当たり0.1
5ミリグラムを下回るアルコールが検出された。 

 井上容疑者は02年の県議補選で武儀郡選挙区で初当選、現在2期目。県議会の会派では
県政自民クラブに所属していたが、同会派も除名された。 

 記者会見した古屋圭司・県連会長は「弁解の余地はない。参院選投票日なので、選挙への
影響が心配だ」と話した。 

トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース