トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース

ユリのパネルで交通安全 和歌山・高野龍神スカイライン
                            産経新聞 06/29 18:08
和歌山県東部の尾根を南北に縦断する高野龍神スカイライン(総延長42.7キロ)に29
日、和歌山県警がユリの花のパネルを設置した。

安全運転を呼び掛けるのが狙い。周辺は世界遺産登録が見込まれる国定公園エリアで、景観
に配慮し、どぎついイラストなどはやめユリのカラー写真にした。

死亡事故があった9カ所は「スロースピード・スローダウン」とあるが、残る3カ所は縦1
メートル、横0.6メートルの写真だけ。一見、交通安全の標識には見えないが担当者は「
ユリのパネルがあったら、危険な場所と思って慎重に運転してほしい」。

同スカイラインは昨年10月に無料化してから交通量が増え、死亡事故も多発している。

トップ / 今年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース