トップ / 2004年の下半期ニュース / 交通事故関連ニュース

駐車違反、即取り締まり 改正道交法で警察庁 
                            産経新聞(共同)(03/17 18:00)
 駐車違反取り締まりの民間委託や車の所有者に放置違反金を払わせる改正道交法が来
年6月までに施行されるのを受け、警察庁は17日、駐車違反時間の長短にかかわらず
、放置車両を見つけ次第取り締まる方針を明らかにした。

 現在は放置車両のタイヤ付近にチョークで印を付け、一定時間がたった後に違反の確
認標章を取り付けている。
 しかし短時間駐車を繰り返し、取り締まりを逃れる悪質ドライバーも少なくない。
 また、委託された民間の駐車監視員が個人的なその時々の判断で標章を取り付けるこ
とを防ぐ狙いもある。

 委託をする各警察署では、住民の意見を聞いた上で、重点的な取り締まり場所や時間
帯を定めたガイドラインを策定、公表する。

 警察庁は「悪質で危険、迷惑な駐車違反を重点に置き、メリハリを付けた取り締まり
を徹底していく」としている。


トップ / 2004年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース