トップ / 2004年の下半期ニュース / 交通事故関連ニュース

車にもブラックボックス  EU検討「事故防止」
                            読売新聞 2月28日
 欧州連合(EU)の欧州委員会は27日までに、事故防止や捜査に役立てるため、車
両に航空機のように記録装置の入った「ブラックボックス」の設置義務付けを検討、 

 域内の警察に効果の調査を依頼した。保険会社は導入を歓迎しているが、ドライバー
側は「監視されているようでプライバシーの侵害につながる」と危ぐしている。

 ブラックボックスを据え付けることで、事故発生時のスピードやブレーキを踏んだ頻
度、シートベルト着用の有無など当時の状況がわかる。衛星と連動し、車がどのような
進路をとったかも追跡できる。

 欧州委は事故防止に効果があると認められれば、2009年までに新車に導入を義務
付けたい考えだ。
 設置には約400ユーロ(約5万6千円)かかるとされるが、設置しているドライバ
ーには保険料を安くする特典を検討している。
 英国のパトカーの多くは既に導入しており、犯人追跡中の事故の分析などに使用して
いるという。EUは年間4万人といわれている域内の交通事故死を10年までに半減す
る計画を立てており、ブラックボックス導入もその一環。



トップ / 2004年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース