トップ / 2004年の下半期ニュース / 交通事故関連ニュース

ローリング族2人逮捕 初適用の「共同危険行為」容疑で 
                            朝日新聞 02/28 20:42
 カーブが連続する道路で危険な暴走行為をしたとして、大阪府警は28日、同府寝屋
川市点野2丁目、製造工小西宏樹(20)と同市仁和寺本町2丁目、アルバイト喜多忠
(20)の両容疑者を道交法違反(共同危険行為)の疑いで逮捕した。
 府警によると、2人は高速道路や峠道を暴走する「ローリング族」。ローリング族に
対する共同危険行為容疑での摘発は全国初という。 

 交通捜査課の調べでは、2人は2月5日午後11時40分ごろ、同府大東市龍間のカ
ーブが連続する府道阪奈道路で乗用車に分乗し、制限速度を約60キロ上回る約100
キロで何度も車線変更を繰り返した疑い。
 2人は車に大きな排気音が出る大型マフラーを取り付けるなどして暴走行為をしてい
たという。 

 同課によると、ローリング族は都市部で集団走行する暴走族と異なり、高速道路や峠
道でレースまがいの暴走行為を繰り返すためにこれまで摘発が難しかった。
 同課は今回、週末の深夜などに爆音を響かせながらローリング族が暴走していた阪奈
道路にビデオカメラ7台を設置し、車やナンバーを特定して容疑者を割り出した。 


トップ / 2004年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース