トップ / 2004年の下半期ニュース / 交通事故関連ニュース

65歳以上の運転免許保有者が過去最多に・死亡事故増加
                            日経新聞〔共同〕2/10/13:13
 65歳以上の運転免許保有者が昨年末で約927万1700人に上り、過去最多とな
ったことが10日、警察庁のまとめで分かった。高齢運転者による死亡事故も増加傾向
で、警察庁は安全運転を呼び掛けている。

 免許の保有者総数は約7824万7000人で、65歳以上の保有者は11.8%を
占める。少子高齢社会を反映し、24歳以下の若者の保有者数を2年連続で上回った。

 100歳以上の保有者は5人で、最高齢は宮崎県に住む105歳の男性。
 昨年の高齢者による死亡事故は1019件で、5年連続で1000件を超えた。若者
による死亡事故は10年前の4割に減ったのに対し、高齢者は1.2倍以上になってい
る。
 高齢者による死亡事故の原因は、漫然とした運転や誤った運転操作、脇見が約4割を
占める。

 警察庁は「若いつもりで運転するのではなく、反射神経や動体視力など身体機能が落
ちていることを自覚して運転してほしい」としている。



トップ / 2004年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース