トップ / 2004年の下半期ニュース / 交通事故関連ニュース

大阪地検、一転在宅起訴 議決待たずに自主捜査
                            毎日新聞 2005年1月7日
 大阪府門真市内の交差点で03年2月、大阪府豊中市の会社員(33)の乗用車と、
兵庫県伊丹市の男性(当時33歳)の乗用車が衝突し、伊丹市の男性ら2人が死亡した
事故で、大阪地検が業務上過失致死罪で不起訴処分(嫌疑不十分)にした会社員を、再
捜査して同罪で在宅起訴したことが7日分かった。
 遺族の申し立てで検察審査会が審査中だったが、地検は議決を待たず自主的に再捜査
した。

 地検によると、事故は2月16日未明、門真市桑才新町の交差点で、会社員の乗用車
が、赤信号を無視した男性の乗用車と衝突。男性と同乗者の2人が死亡した。
 大阪府警は会社員と男性を業務上過失致死容疑で書類送検。会社員は制限速度を約3
0キロオーバーしていたが、地検は04年2月、「事故を予測できなかった」などとし
て会社員を不起訴。男性も死亡を理由に不起訴とした。

 しかし、地検の再捜査で、男性の乗用車の速度が約20キロだったと推定。地検は「
会社員が少なくとも約50メートル手前から男性の乗用車に気付くべきだった」と前方
不注意の過失があったと判断した。【田村晃一、田中謙吉】


トップ / 2004年の上半期ニュース / 交通事故関連ニュース