トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>

■役人不祥事:女性の駐車違反もみ消す 「捜査に使った」と警部補
                            東京新聞 12. 30

高松北署刑事課係長の男性警部補(47)が知り合いの女性(46)から依頼され、女性の
駐車違反をもみ消していたことが29日、香川県警監察課の調べで分かった。
女性の車は「自分が捜査中に使っていた」と偽ったという。監察課は年明けにも犯人隠避の
疑いで立件する。

また警部補の話を確認せず、女性の車を駐車違反除外車両と思い込んだとして、同署交通課
長の男性警部(55)も懲戒処分にする方針。

調べでは、女性は10月17日、高松市内で駐車違反摘発を示す標章を車に付けられ、知人
の警部補に摘発逃れを頼んだ。
警部補はまだ違反切符の交付前で、捜査に使う場合は私用車も駐車違反の対象から除外され
ることを悪用し、警部にうそを申告。
警部はうそを信じ、ナンバープレートから車の所有者を調べるなどの確認を怠ったという。
香川県警の小藤銀一首席監察官は「今後このようなことが二度と起きないよう厳正に対処し
たい」と話している。

トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>