トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>

■刑事裁判:路上カーチェイスで2人死傷の運転者に実刑判決
                            読売新聞(2003/11/26/12:47)


昨年5月、東京・神田で乗用車とタンクローリーがカーチェイスをした末、客待ちのタクシ
ー運転手(当時60歳)ら2人を死傷させた事故があり、危険運転致死傷罪に問われた漁業
笹原史雄(34)(東京都利島村)、会社員平井悦夫(53)(埼玉県川口市)両被告に対
し、東京地裁は26日、いずれも求刑通り懲役7年と懲役6年の判決を言い渡した。 

川口政明裁判長は「幹線道路上で時速80キロ以上の危険な速度であおり合い、何の落ち度
もない被害者を死亡させたもので、強い非難を免れない」と述べた。
カーチェイスまがいの行為に危険運転致死傷罪が適用され、有罪判決が出たのは異例。 

判決によると、昨年5月29日午前4時ごろ、東京都千代田区神田神保町の片側3車線の道
路で、酒を飲んで乗用車で走っていた笹原被告と、タンクローリーの平井被告が、追い越し
をめぐって互いに譲らず、両車が衝突、はずみで平井被告の車が反対車線に飛び出し、対向
のトラックと正面衝突した。
トラックは横転して、道路脇に客待ちで立っていたタクシー運転手の男性をはね、死亡させ
た。トラック運転手も2週間のけがをした。 

トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>