トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>

「事故原因は欠陥」あいおい損保が三菱自に3千万請求
                            読売新聞 2004/6/21/ 14:37
三菱自動車(商用車部門は三菱ふそうトラック・バスに分社)の欠陥車問題で、大手損保会
社「あいおい損害保険」(本社・東京都渋谷区)が、三菱製大型車が1999年に起こした
人身事故について、支払い済みの保険金約3000万円の全額を三菱側に請求したことが2
1日、分かった。 

あいおい損保では、事故を再調査した結果、「大型車の欠陥が原因と判明した」としている
。一連の三菱製欠陥車を巡り、損保会社による求償権の行使が明らかになったのは初めて。

あいおい損保によると、問題の人身事故は99年12月、北関東で発生した。三菱製大型車
が走行中、車軸周辺部品のハブが突然、破断。タイヤが脱落し、走行中だった別の乗用車に
激突した。乗用車に乗っていた人が、後遺症の残る大けがを負ったという。 

大型車は、あいおい損保の自動車保険に加入しており、同社では、調査員を派遣するなどし
て事故を調査。
調査では、ハブの破断原因が分からなかったため、運転手側の過失を認定し、乗用車の被害
者側に対して、対人賠償として保険金約3000万円を支払った。 

一方、三菱ふそうは今年3月から4月にかけて、前後輪のハブに構造的な欠陥があったと公
表。リコール(回収、無償交換)を国土交通省に届け出た。 

このため、あいおい損保では、過去の三菱製大型車が関与した人身・物損事故の見直しを行
い、99年に事故を起こした大型車が、欠陥部品を装着していた可能性が浮上したため、再
調査を実施。
この結果、事故を起こした大型車が、リコール対象部品を装着していたかどうかは明らかで
はないが、事故の主原因をハブ欠陥と認定。今年5月、三菱側に対し、支払った保険金の全
額を請求した。 

三菱自動車の話「事故原因は整備上の問題とみられ、現在、代理人を通じて協議を続けてい
る」


トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>