トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>

追跡の男に危険運転初適用 事故との因果関係認める
                            東京新聞 04/06/07
愛媛県警松山南署は7日までに、前に割り込んできた車を追い回し、この車が小学生をはね
重傷を負わせる事故を起こす原因をつくったとして、危険運転致傷の疑いで、同県川内町南
方、JR四国バスの男性運転手(34)を書類送検した。

また小学生をはねた同町松瀬川、会社員泉雄大容疑者(23)を同容疑で逮捕した。

同署によると、直接事故を起こしていない者の事故との因果関係を認め、同容疑で立件する
のは全国で初めて。

調べでは、男性運転手は5月3日、松山市の国道11号でトラックを運転中、泉容疑者の乗
用車が横の車線から自分の前に割り込んできたことに腹を立てしつこく追跡、同日午後7時
40分ごろ、泉容疑者が同市来住町の交差点で横断中だった同町の小学2年の男子児童(7
つ)をはねる事故の原因をつくった疑い。

泉容疑者は、赤信号を無視して交差点に突っ込み、男子児童に骨折などの重傷を負わせた疑
い。

2人とも容疑を認めているという。

同署の山口一信副署長は「事故の責任は男性運転手にも十分ある。片方だけ立件するのは正
義に反する」としている。


トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>