トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>

自身の「事故死」装った疑いで邦人拘束 フィリピン当局 
                            朝日新聞 05/19 12:07

フィリピン出入国管理局は18日、奈良県大和郡山市出身の辻井富康容疑者(55)を違法
滞在の疑いで拘束した。

同容疑者は、ミンダナオ島で自身が交通事故に遭い死亡したと見せかけ、日本国内の保険会
社から保険金計1億円をだまし取ろうとしたとして詐欺未遂の疑いで奈良県警から国際手配
されていた。
19日にも奈良県警は捜査員をフィリピンに派遣する。 

調べによると、同容疑者はフィリピン人妻(38)と共謀し、同島マラウィ市で00年8月
に交通事故にあったとする死亡事故証明書などを偽造、00年9月、保険会社2社に保険金
の支払いを請求した。

不審に思った保険会社が現地調査し、証明書が偽造であることが分かったという。受取人が
妻となっている保険金は支払われていない。 

辻井容疑者は犯行後、同島にある妻の知人宅などフィリピン国内に潜伏していたらしい。
18日、ルソン島マニラ首都圏のマニラ国内空港で拘束された。 

トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>