トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>

飲酒運転、直後に追突事故で死亡 巡査部長を書類送検
                            毎日新聞 2004年5月19日

先月9日深夜、茨城県土浦市内で追突事故を起こして死亡した警視庁巡査部長(当時)が、
この事故の直前に飲酒運転でひき逃げ事故を起こしていたとして、県警土浦署は19日、同
県つくば市金田、元警視庁千住署生活安全課巡査部長、中川高春容疑者(57)を被疑者死
亡で業務上過失傷害と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転など)の疑いで水戸地検土浦支
部に書類送検した。

調べでは、中川容疑者は先月9日午後11時35分ごろ、土浦市荒川沖西1の国道6号で乗
用車を運転中、横断中の同市内の無職の男性(66)をはね、脳挫傷などの重傷を負わせて
そのまま逃げた疑い。

約5分後、中川容疑者は現場から北西へ約2キロの県道交差点で大型トラックに追突、翌日
に出血性ショック死した。

中川容疑者は、自宅の最寄りのJR荒川沖駅に車をとめて通勤していたという。9日午後5
時半ごろから、JR北千住駅近くの居酒屋で元上司と焼酎やウイスキーを飲んでいたことが
確認され、ひき逃げ現場に残っていた塗料やガラス片が中川容疑者の車と一致。
土浦署は、中川容疑者が帰宅途中に相次いで事故を起こしたと断定した。

警視庁警務部の山下史雄参事官は「元職員がこのような事故を起こしたことは誠に遺憾。
被害者、家族の方に心よりおわびする」とのコメントを発表した。【藤田裕伸】


トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>