トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>

交通事故、ひいた証拠なし 男性被告に無罪判決
                            毎日新聞 2004年5月18日

道路に横たわっていた男性をひいて死なせたとして、業務上過失致死などの罪に問われた男
性被告(30)の判決公判が18日、横浜地裁で開かれ、広瀬健二裁判長は「被告人が運転
していたと認めるに足る証拠はない」として、無罪を言い渡した。

起訴状などでは、男性は98年12月31日未明、横浜市港北区で、乗用車を飲酒運転して
駐車場から出て左折しようとしたところ、路上に横たわっていた知人の男性をひいて死なせ
たとされていた。

これに対し、弁護側は「当時男性は後部座席におり、別の男性が運転していた」と主張。
判決では「当時は被告が運転し、事故後に運転手が交代したとする関係者らの説明は不自然
で、信用しがたい」などとした。

男性は99年2月に神奈川県警から横浜地検に書類送検された。
00年1月に地検はいったん不起訴処分としたが、遺族が起こした民事の損害賠償訴訟では
「被告が運転していた」と認定。
再捜査の結果、01年12月に地検が在宅起訴した。【安高晋、馬場理沙】


トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>