トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>

■危険運転致死で短大生起訴・猛スピードで知人事故死
                            日経新聞〔共同〕(23:00)

北海道深川市で昨年4月、夜間で雨の中、乗用車を100キロ以上のスピードで運転し、衝
突事故を起こして助手席の知人を死亡させたとして、旭川地検は26日、運転していた短大
生の男(20)を、危険運転致死罪で起訴した。

短大生は当時19歳で、旭川地検は当初、業務上過失致死容疑で旭川家裁に送致したが、同
家裁が刑事処分相当として地検に逆送致していた。

起訴状などによると、短大生は昨年4月、制限速度40キロの道道を100キロ以上の速度
で走行し、カーブを曲がりきれずに街路灯に衝突。助手席の短大生山下博之さん=当時(20
)=を死亡させた。

山下さんの両親は「夜間で雨が降っていたのに猛スピードで運転した結果、車が制御不能に
なった」と、危険運転致死罪の適用を求めて昨年7月、同地検に告訴。
今年2月には、同罪の適用を求める約5900人分の署名を提出していた。

山下さんの父芳正さん(51)=旭川市東7条6丁目=は「私たちの訴えに対して真剣に調べ
、事故の実態に即した判断をしていただいた」と話している。  

 

トップ / 交通事故関連ニュース  <<Buck Number>>