全国交通事故遺族の会
トップ / 2004年の上半期ニュース  /Back Number


2004/12/ 26 Last

 
下半期

 ■犯罪:交通事故装った保険金殺人、会社役員に懲役20年判決
 ■悪質警官:飲酒運転検査を拒否した容疑、警察官を逮捕
 ■民事裁判:事故死遺族の国賠請求認めず…東京地裁 
 ■民事裁判:「妻が運転」の事故、民事で「夫が運転」と認定
 ■交通統計:都内の交通事故死者、25年連続で300人突破
 ■法改正:オートバイの2人乗り、首都高の3割は解禁見送り
 ■被害者人権:自動車教習所で事故の遺体写真、県警が提供 
 ■法改正:駐車違反、所有者に違反金・普通車は最大1万8000円  
 ■悪質運転:「整形で顔変わった」無免許の女性、姉の名かたる 
 ■法改正:トラックのフロントガラスの装飾板、1月から全面禁止

 ■法改正:暴走の罰金1590万…改正法適用、49人を略式起訴
 ■法改正:高速での二輪2人乗り、条件違反者の罰金など閣議決定
 ■悪質運転:無免許公務運転400回・大分県、主任を懲戒免職
 ■悪質運転:大阪でひき逃げ、運転の女と車を焼却した男を逮捕
 ■危険運転:酒酔い 国道逆走し3台と衝突、元警官逮捕 三重
 ■危険運転:道路上のバイク競走初立件  危険な暴走と福岡県警
 ■刑事裁判:静岡のひき逃げ死亡、「救護怠った」有罪判決 
 ■法改正:蛇行・低速運転の暴走71人逮捕…改正道交法を初適用
 ■法改正:運転中の携帯使用、全国で3645人摘発・改正道交法
 ■安全対策:トラック装飾板禁止へ 省令の改正概要を国交省公表

 ■警察不祥事:巡査長逮捕 駐車違反「標章」はずし謝礼受け取る
 ■刑事裁判:事故現場不在でも危険誘発なら有罪…最高裁決定
 ■悪質運転:短大生2人ひき逃げ  容疑の無免許男を逮捕 
 ■安全管理:乗務中ひき逃げの大阪市バス運転手、すぐ現場復帰
 ■民事裁判:福岡バイク事故、「友人運転」確定 最高裁 
 ■安全対策:国交省、交通事故時の「映像記録」抑止効果の分析開始
 ■安全対策:公団、高速道対面通行の事故再発防止に頭悩ます 
 ■検事暴言:副検事が暴言、事故捜査外す…横浜地検が遺族に謝罪
 ■政府目標:「交通死者5千人以下に」全国課長会議で警察庁長官
 ■法改正:駐車違反持ち主反則金、普通車1万8000−1万円

 ■民事裁判:ヤマダ電機社長、長女事故死で7億円の賠償請求 
 ■刑事裁判:ひき逃げに殺人未遂罪を適用 福岡地検 
 ■道交法違反:朝日新聞社が処分 経済部記者を停職3月
 ■駐車違反:交番前に駐車した男を逮捕 千葉・松戸
 ■刑事裁判:遺族らが集めた署名 検察が提出せずに結審
 ■道交法違反:朝日新聞記者に罰金 宮崎地裁 
 ■刑事裁判:カーチェイスに危険運転致死傷罪、運転手有罪確定
 ■警察告訴:検察事務官 長男の交通事故死で、調書はうそと
 ■刑事裁判:飲酒事故の男に実刑判決 捜査には言及せず  
 ■民事裁判:加害者がウソ証言、精神的被害認め遺族と和解 

 ■刑事裁判:発作の男性はねた運転手を一転起訴 
 ■資格違反:弁護士資格ないのに示談交渉、行政書士ら逮捕
 ■警察不正:交機隊長が2輪で50キロ超過、書類送検へ
 ■悪質運転:飲酒と薬物、無免許で4人死傷させた男に懲役7年
 ■法改正:運転中の携帯電話、普通車反則金6千円…11月から
 ■悪質運転:この手で犯人見つけたい、遺族らビラ配り 
 ■警察不祥事:警官が違反切符直後の運転許す 福井 
 ■民事裁判:違法駐車トラック運転手らに賠償命令 埼玉地裁
 ■刑事裁判:高校生2人死傷、危険運転の男に懲役4年・長野
 ■交通取締:無効の交通標識で31人摘発 反則金返還へ

 ■自転車事故:自転車同士の死亡事故で書類送検 重過失致死
 ■危険運転:6人死傷のペルー人に懲役18年 宇都宮地裁
 ■殺人:信号無視車がパトカーに体当たり、警官ひかれ死亡
 ■犯罪:口論の末、車で2人はねる 
 ■その他:警察署内で募金箱なくなる 交通遺児の救援金20万円 
 ■安全管理:7人死亡事故  トラック管理会社を捜索 岐阜県警
 ■刑事裁判:交通事故で不起訴の医師、業過傷で在宅起訴 
 ■交通事故:今年の交通事故死者 4000人超す  
 ■犯罪:交通違反もみ消し要求の会社員逮捕・神奈川県警
 ■交通事故:件数、負傷者が最悪ペース、死者最少 上半期

 ■危険運転:11人死傷事故後も超過勤務…運送会社を営業停止へ
 ■不正車両:車検切れで2000キロ走行 JR東海の高速バス
 ■犯罪:偽装事故で保険金詐取容疑、12人逮捕 総額8千万円 
 ■悪質運転:警察官が暴走の車に発砲・横浜市 
 ■三菱車事故:運転者らへの当時の処分妥当 警察本部結論
 ■悪質運転:飲んで事故、逃げても飲酒 兵庫県警警部補を懲戒免職
 ■刑事裁判:時差式信号:標示板無しの事故、右折男性の有罪確定へ
 ■不正改造:大型トラック速度抑制装置改造で2社と7人を書類送検
 ■危険運転:自民県議が飲酒検査拒否、容疑で現行犯逮捕 岐阜
 ■その他:事情聴取受けた女性が自殺、「自白強要された」と 

 ■法改正:運転中の携帯使用、反則金5000−7000円に 
 ■刑事裁判:死亡事故運転手の不起訴不当議決…東京第2検察審査会
 ■安全運転:車載監視カメラを、国交省が導入方針 
 ■犯罪:交通保険金詐欺、容疑の損保代理店経営者らを再逮捕 
 ■欠陥車両:関越道で三菱製バス炎上 リコール部品交換ずみ 
 ■警察不祥事:北海道警の警官、パトカーを飲酒運転し事件現場へ 
 ■警察不祥事:自動車警ら隊の人事凍結 虚偽書類問題で兵庫県警 
 ■安全運転:運転記録装置の普及支援へ 交通事故対策で国交省 
 ■欠陥車両:ベンツ「Eクラス」などでリコール ブレーキ系統の欠陥 
 ■交通安全:ユリのパネルで交通安全 和歌山・高野龍神スカイライン
トップ / 2004年の上半期ニュース  /Back Number