全国交通事故遺族の会
トップ / リンク集

画像」をクリックすると、現在のウインドウが切り替わります。
タイトル文字」をクリックすると、新しいウインドウで開きます。



交通事故問題を考える国会議員の会 交通事故問題を考える国会議員の会
交通事故問題に関心を持つ超党派の国会議員
が参加する議員連盟です。交通事故を取り巻く、
さまざまな問題について議論し、政治家の立場か
ら交通事故を無くそうとしています。


NPO法人交通事故後遺障害者家族の会
交通事故により、重度の後遺障害を負っ
た被害者とその家族のための会です。
「交通事故は犯罪である」という視点か
ら、福祉に頼るだけでなく、加害者に正
当な賠償を請求し、人生を取り戻すため
に運動しています。
生命(いのち)のメッセージ展
人のいのちを奪ってはいけない。
いのち・心を傷つけてはいけない。頭で
はなく、あなたの心でわかってください。
「奪われたものの大きさ」「残された者
の悲しみ」「いのちの重さ」を。《生命
のメッセージ展》へ足を運んでください。






分離信号
全国で発生する歩行者が巻着込まれる右左
折事故を撲滅しよう。交差点の青信号事故か
ら子どもたちを守るため、分離信号(歩車分離
信号)の推進を訴える分離信号運動原点のホ
ームページです。
森にかえったしな乃
9歳で、暴走族に命を絶たれた娘。その命を無
駄には出来ない。交通事故を無くし、遺族の救
済を願って戦います。交通事故関係のニュース
、刑事裁判・民事裁判のノウハウをきめ細かく
解説。遺族必読の「もしあなたが交通事故に
遭ったとしたら」

愛する雄真
交通事故により、10歳で旅立った愛する
息子のホームページです。 
ありふれた平和を無残に奪い取る交通事故。 
残された遺族の愛情を伝えたいです。 
永遠の絆・・・敦司 届け愛の詩を
『桜吹雪、好きなバイクで君は逝く。』
・・・栃木市で育ちました。この街をこよ
なく愛し、この街を離れることなく、そし
て今、この街に眠ります。バイクにまたが
り、どんな道を疾風のように駆け抜けてい
るのだろうか。
『大事なゆうすけへ』
我が家の次男坊、わんぱく悠佑は6歳で天国
に旅立ちました。未来も希望も夢も閉ざされ、
わずか6年の思い出しかありませんが生きて
いたんだという証をここに残したいと思いま
す。
輝く星なれ!美香19歳
美香は19歳でした。成人式に友達と、振
袖を着て出席するのをとても楽しみにして
いました。そんな、ささやかな夢さえも交
通事故という凶器に奪い取られてしまいま
した。生きたいと頑張ったICUでの一週
間を母は決して忘れません。
NAKASUGI・FAMILY
私たちの初めての子供、最愛の宝物の元也
はたった生後5ヶ月でお空へ旅立ちました。
ベビーカーに乗っての散歩の途中に無免許
運転でスピードオーバー、前方不注意の二
十歳の男に衝突されました。愛する元也へ
の想いを書いています。
「交通死ー遺された親の叫び」
1995年、高校2年の長女千尋は、学校
帰りの歩行中、前方不注視のワゴン車に轢
かれ、その全てを奪われました。
娘の犠牲を無にしないという一念で、交通
犯罪に寛容な人命軽視の「クルマ優先社会」
を告発し闘います。
保育園施設内の交通事故
02年9月、名古屋市の私立保育園屋上駐車
場からの車転落事故により3歳の娘、樹里を
奪われました。当時、警察は交通事故として
処理し、園側へ責任を問う事はありませんで
した。保育施設や司法について、ご一緒にお
考え頂ければ幸いです。
たかひろのホームページ
『平成14年9月18日に交通事故に遭い、
意識不明のまま人口呼吸器をつけ5ヶ月間
もがんばって生きてくれたたかひろ。
平成15年2月13日に安らかに永遠の眠
りにつき、エンジェルとなって天国へ帰り
ました。
時と空と
17歳で天国へ旅立った息子、八向亮の追
悼詩集、バイクで優先道路を直進中、脇道
から出てきた飲酒運転の乗用車に、直近右
折され避けきれず、10時間後に亡くなり
ました。亮の生いたちから、たくさんの友
達からのメッセージ、刑事裁判の記録も。



三重県警


トップ / リンク集